ケーキにおすすめのイチゴはどれ?

strawberry

イチゴの美味しい季節ですね!

スーパーにも沢山並んでいて

しかもクリスマス時期に比べると

お手頃価格♪

 

買い物に出かけるとついつい

毎回買ってしまいます

 

イチゴって見ているだけでも可愛いし

そして美味しい!

(皮剥かなくても食べれるしwww)

 

レッスンでもこの季節になると

沢山イチゴを使います

 

皆さんはお気に入りの

イチゴの品種ありますか?

 

生徒様から

「おすすめのイチゴは何ですか?」

というご質問をいただくことがあります

 

私がお菓子に使うイチゴを選ぶときの基準は

  1. 小さいサイズ
  2. 身が柔らかすぎないもの
  3. ある程度酸味もあるもの

この3つの基準で選んでいます

 

私の作るお菓子は少し小さめだし

デザイン的にも

あまり大きなフルーツを載せると

バランスが悪くなるので

小さいサイズというのは

一番大事な基準かもしれません

 

ケーキを作る方には

よくわかってもらえると思うのですが

大きいイチゴってデコレーションに

使いにくいんですよね。

 

でも最近のイチゴってなんだか

大きくないですか?

 

大きければ高級みたいな。。。

生産者の方からすると

大きくして単価が高い方が良いのかも

しれませんが

でもやっぱり小粒が好きな私は

小粒を探して買っています

 

シーズン終わりの4月以降は

小粒が増えてくるので

(しかもお安く)

 

私にとってはとても嬉しい!

 

身が柔らかすぎないのも重要なポイントです

 

身が柔らかいとどうしても痛みやすくて

飾りに使うと見栄えがいまいちだったりします

 

そして

 

もう一つ重要なポイントの「味」ですが

 

お菓子に使うフルーツ全般に言えることですが

「酸味」も大切!

 

ある程度酸味があった方が

味が締まる!!!

これ重要です

 

酸味がないと

なんだかぼやけた感じのお菓子になってしまいます

 

そんなことを踏まえて

今、私が一番よく使っている

イチゴの品種は

 

「古都華」(ことか)というものです

 

数年前に奈良県で生まれた品種

なのですが

 

産地だからというのもありますが(奈良在住なので)

新鮮なものがお手頃価格(これ重要)

 

しかも!

3つの条件を満たしている!

形も割と揃っていて

お尻が丸くなくて綺麗なので

飾りにも最適

 

コロンと丸い形も可愛いですけど

なかなか大きさと形が揃っているものは少ないですよね

 

小さめサイズも売っているっていうのは

産地ならではなのかもしてませんが

 

ちなみに最近

「奈乃華」(なのか)という新品種

「古都華」と

「さちのか」×「とちおとめ」の掛け合わせ

と合わせて生まれた品種も出てきましたが

まだ流通量が少なくやや高めです

 

こちらも古都華に似ていて

ケーキにもよく合うイチゴな気がします

 

ちなみに

白いイチゴは私はあまり使いません

なんてったって高い!

そして酸味が少ない気がするので

 

でも、何と言っても選ぶ基準の一番は

「新鮮さ」ですよね!

どの品種も新鮮なイチゴは美味しいです♪

 

ケーキに使うイチゴ選びの参考になれば嬉しいです


 

4月開講予定!
「センスアップお教室アカデミー」

academy センスアップお教室アカデミー

(もっと素敵なお教室になるための講座)

・お菓子を素敵に見せる技術/写真&スタイリング

・レシピ開発の方法

・オンライン・動画レッスンのやり方

無料説明会セミナー申込受付中♪
インスタグラムはこちら    フォローしてね♪

「センスアップお教室アカデミー」公式ラインお友達登録はこちらのボタンから

関連記事

  1. tarte aux pommesタルトポム タルトポム(11月季節のお菓子コース)
  2. Pavlovaパブロバ パブロバ(12月基本のお菓子コース、オンラインレッスン)
  3. 焼型選び 失敗しないお菓子の型選び(その1)
  4. bacididamaバーチディダーマ バーチ・ディ・ダーマ(1月〜2月半ば基本のお菓子コース)2品目。…
  5. minimillefeuille ミニミルフィーユ ミニミルフィーユ(1、2月季節のお菓子コース、オンラインレッスン…
  6. mold 焼き型 お菓子の焼型のお手入れ方法(焼型を長持ちさせるコツ)
  7. demisecset7種の焼き菓子 7種の焼き菓子セット(お菓子のお重)(11,12月スペシャルレッ…
  8. mousseauyaourt ヨーグルトムース 綺麗なスマホ写真を撮るための3つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP